自己処理での脱毛

自己脱毛の種類

たまご

乙女心がついた女性が急に永久脱毛をしようと思い立つわけではなく、自己処理を始め、自己処理の面倒さやトラブルなどを感じるようになって永久脱毛をしようと試みるのではないでしょうか。

 

一番初めに試してみる自己脱毛はかみそりで剃るという意見が多数かと思います。

 

かみそりを正しく使わないと、肌まで一緒に剃ってしまうことになりかさかさな肌になってしまいます。しかもすぐに伸びてきてしまうので毛の断面がぽつぽつと目立ち、剃った2日後には綺麗な肌ではなくなっています。つるつるな肌を保つためには剃る頻度を上げなくてはならないため、皮膚へのダメージが大きくなります。

 

他にも抜く方法ですが、次の毛が生えてくるまでに時間があるため、ワキなどの太い毛は抜いて処理している人も多いのではないでしょうか。デメリットとしては埋没毛になりやすく、毛穴に炎症がおきやすいといわれています。

 

次に除毛剤を使った自己処理法ですが、出ている部分の毛を溶かすため、かみそり同様長持ちせず、ぽつぽつとした断面がのこってしまいます。

 

毛を全部脱色する方法もありますが、つるつるな肌を目指している人には全く意味がなく、光の加減では毛がたくさん生えた状態を一目にさらすことになります。

 

毛の再生速度も処理方法によって違いますし、痛みや皮膚もその後の状態が変わります。

 

一番のおすすめとしては永久脱毛がおすすめです。長い目で見たら永久脱毛の方がお得に感じられるかと思います。

 

池袋のおすすめの脱毛サロンがミュゼです。コチラのサイトに詳しい情報が掲載しています。ぜひチェックしてみてください。

自己脱毛でのトラブル

プール

脱毛の自己処理の際はトラブルが隣同士といっても過言ではありません。

 

どの処理方法もそれなりのトラブルがあるということを考え、自己処理をすることが大切です。

 

体を守るために生えている毛ですから、簡単には永久脱毛できませんし、生えてこようとする力に逆らうことは自分では難しいのです。

 

一番やってはいけない自己処理は毛抜きで抜くことだそうです。

 

毛穴に無駄に穴を開けてしまっていますから、にきびや炎症を起こしやすく、皮膚がふさがってしまった状態でしばらくすると毛が生えてきますから埋没毛にもなりやすいのです。毛周期の乱れを引き起こすため、いざ永久脱毛をしようと思っても成長期の毛を抜いてしまっているため施術できません。黒ずみの原因も毛抜きを使った自己処理が原因といわれています。

 

一番おすすめの自己処理方法は電気シェーバーでの自己処理になります。クリームなどをつけなくても剃ることができますので肌に傷をつけずに処理することができます。頻繁にお手入れをしなければいけないのは面倒ですが、一番肌に負担がかかりにくい方法といえます。電気シェーバーといえども、男性が使っているような大きなT字型のものではなく、かわいらしい女性専用のデザインもたくさん出ています。永久脱毛を施術する際にも、事前の自己処理が必要となりますので、完全に脱毛が終了するまで使用することができます。サロンで使っている電気シェーバーもサロンに問い合わせをすることで購入することがきでますので確認しみてくださいね。