埋没毛の原因

埋没毛の原因

女性

埋没毛とはどのようなものなのでしょうか。

 

埋没毛とは剃った後や抜いた後の皮膚にかさぶたなどができ、皮膚がふさがったままの状態で毛が生えてしまい、皮膚の中に毛が埋もれてしまった状態のことをいいます。

 

埋もれ毛や埋まり毛ともよばれ、埋没毛になってしまうと毛が出てこないまま、皮膚の中で成長してしまいます。

 

肌に張りがない、ワキやデリケートゾーン、ビキニラインなどに比較的多く生じやすく、なるべく早くターンオーバーで皮膚の再生を促すしかないのですが、放っておくと色素沈着を起こし、シミになる可能性もあるそうです。

 

自己処理をしないことが一番の予防策なのですが、露出している部分の肌はやはり気になりますので、永久脱毛をして毛が生えてこない状態にするのがベストになります。

 

自己処理で剃る方法よりも、抜く方法での場合が埋没毛はできやすくなるそうです。特に脱毛系の機械を使うと皮膚に傷がつきやすく、埋没毛が増える傾向です。

 

埋没毛になると、その部分から炎症が起きる可能性もありますし、見た目も黒いポツポツが残り綺麗な状態ではありません。炎症がひどくなると化膿してしまい、病院に通わなければならないほどひどい状態にもなりかねません。よく、針などを刺して埋没毛を自分で取り出す人がいますが、この行為こそ、菌を呼び起こすことになりますので絶対にやらないでください。スクラブ入りのボディーソープなどで洗ったり、マッサージや保湿で新しい皮膚の再生を促すことが一番の埋没毛対策になります。